Ad

無印良品の定規は本当に使いやすい?素材の違い・アイテムの違いそれぞれのポイントについて検証!気になる値段、口コミもレビュー!

雑貨
Ad

使いやすいポイントとは

無印良品の定規ですが、なんといってもそのシンプルさが使いやすいポイントだと考えます。測りやすく、目盛りも判別しやすいところが特徴です。

余計な装飾が一切ありませんので、洗練されたスタイリッシュさもあります。

次項では、素材ごとの特性や使い方をまとめました。

アルミ・アクリル・ステンレス等の違い

アルミ製定規とアクリル製定規の違いについてご説明します。

アルミ製は目盛りが刻印され、長く使用しても消えない特徴があります。またその硬度から、カッターの使用にも適しています。

アクリル製は透明(クリア)で、数字を見やすくデザインしています。左利きの方にも適した作りになっています。非常に軽量。

ステンレス製は端が折れ曲がった設計で、平面に置いた際にもつまみやすくデザインされています。アルミと同様、カッター作業にも適しています。

種類・値段について

2021年6月現在、発売されている定規の一覧です。

アイテム名価格(税込)特徴
アルミ定規 15cm190円アルミ製
アクリルクリア定規 15cm50円アクリル製
ステンレスピックアップ定規 15cm350円ステンレス製
ポリカーボネイト ダブル定規ミニ 8/16cm クリア190円伸ばすと16cmまで測れる定規。たたむと8cmとコンパクト。持ち運びに便利
テンプレート アルファベット・数字150円手帳やペンケースに入れて持ち歩きやすいサイズ
ポリカーボネイト ダブル定規 15・30cm・クリア250円伸ばして30cm、たたむと15cmになるの持ち運びに便利
両面目盛の定規 15cm100円黒地に白抜き文字を採用した、非常に見やすい定規
表面は左から、裏面は右から目盛が入っている
PETカッティング定規 スベリ止め付・30cm450円滑り止めがついて、線も引きやすくカッターも使いやすい仕様

値段は非常に安い印象です。ペンケース用や手帳用、作業用と使い分けて頂けるラインナップ。

レビューの紹介

・アルミ定規

薄くて軽くていい感じです。ペンケースに入れて使うにはちょうどいいサイズです。デザインもシンプルでムダがありません。

前の方が15センチ+2センチ余分と書いていらっしゃったのですが、余分は右端だけの1センチです。

文字が刻印で光の加減によっては見づらいことがあるので読みやすさを重視するならあまりオススメしません。

無印良品商品別レビューより引用

数字が印刷ではないので削れて消えてしまうことがないです。また汚れても洗えるのも良いです。シンプルかつ丈夫なので使いやすいです。

無印良品商品別レビューより引用

・アクリルクリア定規

方眼の方が好きかな。でも安くて助かる。文字が無印らしくて好きです。

子供が小学生で長さの授業で定規を使うので買い換えました。が、それまで使っていた下部は方眼の方が使いやすい、とのことでした。

授業で先生にメモリのない方で線を引いてみようかーと言われるそうなので(メモリが消えて長さが測れなくならないように)困ってしまう。とのことでした。でも左右どちらから使えるという点に共感して買いました。

無印良品商品別レビューより引用

シンプルでとにかく使いやすい。

透明なので、ノートのラインも見える。軽くて筆箱にも収納しやすい。

無印良品商品別レビューより引用

・ステンレスピックアップ定規

使いやすい。

ステンレスなので、カッターを使うときに使いやすくて綺麗に切れるので便利です。

無印良品商品別レビューより引用

エッジがするどい。。

目盛りが見やすくよいのですが、エッジ部分を触るとするどく、ケガをしそう。。他の文具と一緒にふでばこに入れたりしたら、他を傷つけそう。

店頭に実際に触れるサンプルがなかったので、確認して買えなかったのも残念。

無印良品商品別レビューより引用

まとめ

総合して考えてみますと、やはりシンプルなデザイン、購入しやすい価格帯など使いやすいポイントは多々ありました。

日常用、作業用、お子さん用と、シーン別に使い分けも可能です。

レビューにもありましたが、注意点にも考慮して、店頭で実際に確認してみてはいかがでしょうか?

スタイリッシュな文房具がたくさん揃った無印良品はおすすめです。

雑貨
Ad
moriをフォローする
Ad
マルチカラーストライプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました